上溝夏祭り

上溝夏祭りは神奈川県北部最大のお祭りで、「かながわのまつり50選」にも選ばれています。その歴史は古く、江戸時代末期から行われるようになったと言われています。

私どもは上溝でお店を営業しているということもあり、上溝夏祭りには特に力を入れています。

上溝夏祭りへの行き方(アクセス)・交通規制・駐車場

上溝夏祭りが開催されている時間中は交通規制により車両の通行ができなくなります。

上溝夏祭りの歴史

江戸時代より相模原市中央区上溝に伝わる上溝夏祭りですが、古くは天王祭りと言われていました。これは、京都八坂神社より牛頭天王を勧請(神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること)したことに由来しています。

上溝夏祭りとなった今では7月最終週の土曜日・日曜日に開催されていますが、当時は曜日に関係なく7月27日に宵宮、7月28日に本宮が行われていました。

江戸時代に始まったと言われる上溝夏祭りですが、明治時代になると政府の方針により、各町内の神輿を八坂大神が祀られている亀ヶ池八幡宮に集めて神社の祭りとしました。

終戦を迎えて後、新生の青年団が主体となって新たな方針を打ち出し、氏子廻りを終えた町内会の神輿が、上溝本町交差点(旧相模原警察署のあった場所)に集まった後に上溝商店街で渡御を行う現在の上溝夏祭りの形となったのです。

上溝夏祭りの問い合わせ先

上溝夏祭り実行委員会事務局(上溝まちづくりセンター内):042-762-0079

上溝夏祭りを始めとした、相模原市上溝周辺のお祭り

相模原市上溝周辺では他にもたくさんのお祭りがあります。

ムラタカンパニーは地域に密着した町の不動産会社として、相模原市内のお祭り・イベント情報を随時更新しています。